Anywhere Final Countdown

ぼくのかんがえたさいきょうのぽーとふぉりおを雰囲気運用してセミリタイアを目指すブログ

たわらノーロード新興国株式を処分するか迷います。。。

どうも、ポンチ熊(@ponchiwork)です。

今年はコロナショックからのリバウンドで中国・韓国・台湾などの東アジアの株式指数が強いですね。
3月にビビらずに【1313】KOSPI 200を買っておけばよかったです。後付けなら何とでも言えるのですが。

f:id:ponchiguma:20200928225049j:plain

さて、今から新興国株指数に投資するかどうかという話題も流れてきていましたが、現状処分を検討しているファンドがあります。
ベンチマークとの劣後・下方乖離が目立つたわらノーロード新興国株式です。設定当時は画期的だったのですが。

たわらノーロード新興国株式
★ベンチマーク:MSCIエマージング・マーケット・インデックス
★信託報酬:0.374%(税込)
★決算日:年1回(10月12日)
★つみたてNISA:対応
★ファンド籍:日本
★運用会社:アセットマネジメントOne
★ファンド純資産総額:70億円

コスト的には1.5世代前くらいの新興国株式インデックスです。ただ、ベンチマークとの乖離が最近になって目立っています。
インデックスファンドは信託報酬も大事ですが、それ以上にトラッキング精度が重要なのですが。。。

f:id:ponchiguma:20200928225604j:plain

Yahoo!ファイナンスより転載

3年チャート、同じベンチマークに連動するインデックスファンドのeMAXIS Slim 新興国株式との比較です。
特にコロナショック以降のリバウンドで差がついており、3年間では1%以上劣後しています。。。

普通に考えれば叩き売ってETFに乗り換えてしまうのですが、都合悪いことに2017・2018のNISAで買ってるんですよね。当然のように含み損。
NISAのデメリットである、特定口座と損益通算が出来ないことがファンドの運用能力の差で露呈している形です。

結局、インデックスでもアクティブでも『信じて託す』なんですよね。。。それが面倒なら自分でやれと。
サンクコストをどう考えるか、もう少しだけ考えてみます。リバランスついでに割り切って売ってしまってもいいのですが。

 

ではまた。明日も色んな価値をBuy & Drip...

応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ