Anywhere Final Countdown

ぼくのかんがえたさいきょうのぽーとふぉりおを雰囲気運用してセミリタイアを目指すブログ

【質問箱】VT一本勝負でいいのではないか。。。

どうも、ポンチ熊(@ponchiwork)です。

当方のような零細泡沫のくせに色々とつまみ食いして遊んでいるブログに、【VT】一本勝負でいいのではないかというご意見をいただきました。

f:id:ponchiguma:20200428223412j:plain

インデックス投資で【VT】一本に投資と言うと何となく素人っぽく見えますが、【VT】だけでも十分立派なポートフォリオだと思うんですよね。
NISA創設~iDeCo解禁・つみたてNISAの流れで低コストかつ簡便に取り扱えるファンドが増えていますが、究極的には【VT】だけというのは十分アリでしょう。

f:id:ponchiguma:20200428224010j:plain

こちらは楽天VTの月次レポートからの抜粋です。現在の保有銘柄は8,411社。割とマニアな方だと思う自分でも監視銘柄はせいぜい100社程度です。
情報量では機関投資家と勝負にならない個人にとって、指数連動型ファンドの優位性は大きいことは言うまでもありません。

株式投資の場合、少数精鋭で挑めば成功した時のリターンは大きいものがありますが、その分のリスクは当然受け入れることになります。
逆に分散を考える場合、自分で工夫を凝らして複雑なポートフォリオを組めばリターンが上がるというわけでもないことには注意が必要ですね。

f:id:ponchiguma:20200428225134j:plain

スカイオーシャン・アセットのグローバル株式ファンド(愛称:The GDP)の目論見書からです。
米国偏重の時価総額インデックスがどうもスッキリしないのであればこんな選択肢もあります。信託報酬が微妙に高いですが。

以下、簡単な注意点だけ。

1.円で投資信託か米ドルで海外ETFか

【VT】も決して悪くないのですが、円で投資信託か米ドルで海外ETFかという質問については、円建て投資信託で間違いないです。
現状では米国ETFと国内のインデックスファンドのコストはほぼ同等であり、わざわざ米国市場を通す意味がありません。
普通に時価総額比インデックスに投資するのであれば、eMAXIS Slim オール・カントリーをはじめ、国内籍のインデックスファンドで十分でしょう。
つみたてNISAによる非課税の恩恵もあります。マネックス証券を利用すればiDeCoでもeMAXIS Slim オール・カントリーを選択できますね。

2.特定口座の優先順位

課税口座なら米国ETFが良いのかと言うとそういうことはなく、【2559】MAXIS オール・カントリーを選択した方が無難でしょう。
信託報酬も0.0858%ですから、本家VTと遜色ありません。ベンチマークに小型株をどうしても含みたいとかいうニーズが無ければ国内籍のもので十分です。

まず購入にコストがかかりません。ドルを利用すると両替に手数料がかかりますし、米国市場での買い物にも不要な手数料がかかります。
今年から始まった外国税額控除の恩恵も受けられます。逆に【VT】を使うと日本株の部分にまで日本→米国→再度日本と無駄な課税を喰らうことになります。。。

個人的にはポートフォリオには債券やコモディティも必要だと思っているので【VT】へのフルインベストは勧めません。
ですが、株式一本のポートフォリオでいくというのであれば、時価総額比率のインデックス【VT】一本勝負と言うのも十分立派なポートフォリオだと思います。

 

ではまた。明日も色んな価値をBuy & Drip...

応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ