Anywhere Final Countdown

ぼくのかんがえたさいきょうのぽーとふぉりおを雰囲気運用してセミリタイアを目指すブログ

【質問箱】手持ち現金1000万円で強くてニューゲームできたらどんな投資戦術を実践するか。。。

どうも、ポンチ熊(@ponchiwork)です。

当方のような零細泡沫ブログに質問をいただきました。ありがたい限りです。

f:id:ponchiguma:20200222211831j:plain

手持ち現金1000万円で強くてニューゲームできたらどんな投資戦術を実践するか?
まず多くのプレイヤーが最初に目標とするのが1000万円でしょうか。

1000万円あれば取りあえず多少の打撃があっても家計が揺らぐことはなく投資を続けられます。
また、資金が少ないと戦術は限られますが、1000万円あれば結構自由なポートフォリオが組めます。

テーマは『強くてニューゲーム』なので、今の知識を持って現環境でやりなおせたら?というテーマで書いてみたいと思います。
銘柄分析みたいなのは下手の横好き程度なのであてにはなりませんが、取りあえずこれまでの経験で身につけたこと。

  • 標準偏差や相関係数を用いてポートフォリオをデザインする
  • 必要に応じてポートフォリオからの取り出し、リバランスをする
  • 税金と社会保障も併せて戦術を立てる

このあたりを踏まえながら回答したいと思います。また、自分の投資に対するスタンスも加えて考えてみます。
多分コツコツ積み立てでなく、割とガチ勢になると思います。また、リスク選好度は極大かつ、月に10万円くらいは入金する前提で回答します。

1.投資の優先順位

利用する口座の優先順位は、1.保険料控除→2.iDeCo→3.つみたてNISA→4.特定口座の順番です。
細かい配分よりも、とにかく非課税枠を埋め切ることから優先です。非課税口座を使えば問答無用で課税分のリターン上乗せです。

まず流動的ポートフォリオ外の資産として、個人年金・iDeCoから埋めていくことにし、残った分をつみたてNISAと特定口座での運用に回します。
1000万円ありますが、ニューゲームなんでまだまだ追加入金する前提です。さすがに単身でもセミリタイアが見える金額では無いですね。

2.個人年金保険(及び貯蓄型保険)

生命保険や医療保険は家族構成などによっても変わりますが、個人年金保険は保険料控除が効くので使っておいて間違いなさそうです。
最近ではマイナス金利の影響もあり、保険自体の利回りには期待できなさそうですが、税額控除で実質的に上乗せできます。

  • JA共済 ライフロード
  • 明治安田生命 じぶんの積立

現環境であれば、取りあえずマイナスにはなりにくいこの二つのうちのどちらかでしょうか?
保険料控除の上限は年間8万円なので、月々7,000円の設定ができるライフロードがベターかと思います。

3.証券口座とiDeCo

iDeCoの話をする前に、まずは証券口座を開かないといけません。今の環境であれば、松井証券がいいように思います。
何でSBI証券でも楽天証券でも無いのかと思われますが、新規にスマートに始めるのであれば松井証券の『投信工房』のシステムが最強です。

また、松井証券のiDeCoであれば、eMAXIS Slimシリーズを利用できます。

  • One DC 国内株式インデックス:10%
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス:60%
  • eMAXIS Slim 新興国株式インデックス:30%

iDeCoはこの配分で月々23,000円ずつ積み立てて放置します。どうせ一度入れたら60歳までは換金できないので株式100%かつ新興国多めにします。
iDeCo口座はいつでも内部でリバランスできるため、引き出しの時期が近付いたら債券比率を高めてもいいとは思いますが、当座はこれで放置です。

定期的に書面で運用報告が届きます。その際に思いだしたらリバランスするくらいで十分だと思います。
確定申告で控除を受けることだけは忘れないようにしたいですね。

4.つみたてNISAと特定口座

つみたてNISAは最悪の場合いつでも売却できるので流動性資産に含めておきます。
それでも非課税枠には期待リターンの高い資産クラスを充てるべきという原則は変わりません。

そのため、つみたてNISA枠は全世界株式インデックスでほぼ決定です。
つみたてNISAの枠は40万円と小さいので、全世界株式インデックスの一本勝負でeMAXIS Slim オール・カントリーを積み立てします。

f:id:ponchiguma:20200222220601j:plain

1000万円スタートでこれから入金を続けるのであれば、このくらいの攻めの姿勢でもいいでしょう。投信工房でこんなポートフォリオをデザインしました。
逆に手持ちはまだ1000万円であり、個別銘柄はまだ止めておきます。保険料・iDeCo・つみたてNISA・その他の債券を中心とした守備的資産にも余裕が出た時点で始めることにします。

f:id:ponchiguma:20200222220916j:plain

購入ファンドは上記の通りです。iシェアーズ ゴールドインデックスの信託報酬が若干高いのが気になりますが、ゴールドもポートフォリオに必要だと思っているので導入です。
ちなみに日興のゴールド・ファンドは信託期限が2027年までであり、長期投資には(現状では)不適と考えます。

現状の信託報酬の水準であれば、特にこだわりが無いのであれば敢えてETFは使わず、投信工房にメンテナンスは丸投げでいいでしょう。
手持ちの余力を逐一入金し、リバランス毎日自動積み立てでポートフォリオに放り込んでいきます。

四半期~半年に1回くらい、大幅なズレがあれば手動リバランスします。投信工房であればワンクリックで可能です。
車の購入など、大きな出費があれば、そのタイミングでポートフォリオから取り出し、セルリバランスすることにします。

 

もう一度やり直せるなら、株に時間をかけすぎず、もう少し有意義なことに時間を使いたいですね。。。
同じ人間がやるので、そのうちこういう運用に飽き足らず、米国株に手を出したりするのでしょうが。

 

ではまた。明日も色んな価値をBuy & Drip...

応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ