Anywhere Final Countdown

ぼくのかんがえたさいきょうのぽーとふぉりおを雰囲気運用してセミリタイアを目指すブログ

未だに低空飛行が続く【2515】外国REIT(為替ヘッジなし)ETFより分配金通知です。

どうも、ポンチ熊(@ponchiwork)です。

世の中的には無配当のインデックスファンドが主流のようですが、個人的な好みから東証上場のETFを愛用し続けているため、観察日記は書いておきます。
今回は野村アセットマネジメントの新低コストETFシリーズのうちのひとつ、【2515】NEXT FUNDS 外国REIT・S&P先進国REIT指数(除く日本・為替ヘッジなし)連動型上場投信より分配金通知です。正式名称が長いので、公式に外国REIT(為替ヘッジなし)ETFと略されています。

分配金収入を定期的に受け取るのは長期の資産形成には不向きとも言われますが、手持ちの大半をリスク資産に投入している身としては多少のインカムゲインが無いとやっていられません。
外国税額控除の恩恵を受けられる時点で存在意義はあります。NISA口座ではまだ<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンドをホールドしていますが、プラスに転じ次第外国REITクラスは全てこの【2515】に切り替えていく予定です。

【2515】外国REIT(為替ヘッジなし)ETF
★ベンチマーク:S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み)
★信託報酬:0.187%(税込)
★決算日:年2回(3月7日、6月7日、9月7日、12月7日)
★マーケットメイク:あり
★ファンド籍:日本
★運用会社:野村アセットマネジメント
★ファンド純資産総額:50億円

日本人はREITが好きとは言われますが、こちらのETFはようやく人気が出てきたところと言った感じでしょうか。
今回の決算では純資産額が50億円に到達しており、ユーザーとしても一安心です。ファンドの規模が大きくなれば実質コストも圧縮されていきますね。

f:id:ponchiguma:20210116223141j:plain

Yahoo!ファイナンスより転載

先進国株式対象のETF【1550】とのここ1年間の比較チャートです。株式指数はコロナショックの前以上に上昇していますが、こちらは低空飛行が続いています。
それにしてもショックの時は40%程度の下落幅があるというのは恐ろしいですね。。。REITだけを特別視しなくてもいいのかもしれません。

f:id:ponchiguma:20210116223538j:plain

直近の運用レポートからの抜粋です。これで上場から3周年を迎えていますね。資産も伸びており長期運用にも安心でしょうか
国内籍ファンドにおける外国税額控除の対象になる、信託報酬は貸株金利で相殺できるなど、実質的なメリットは公募投信よりも大きいように思います

f:id:ponchiguma:20210116224125j:plain

公式サイトより、2年間の運用実績です。ベンチマークとの乖離が大きいように見えますが、これはベンチマークが配当込み指数となっているためであり、実際の指数との乖離は問題のない水準です。
実際の所は公募投信と比べても低信託報酬に加えて実質コストによるアドバンテージが大きく、りそなのSmart-i 先進国リートインデックスと比較しても3年間で1%弱の差がついています。

f:id:ponchiguma:20210116224532j:plain

2020年12月30日付の最新の月次レポートより、上位構成銘柄と国別投資割合です。
現在の分配金利回りは約3.0%程度にまで低下しています。現在全体的にREITが軟調であり、分配実績も市況の影響を大きく受けていますね。

今期の分配金は10口あたり66.0円でした。うち外国課税の割合は11.3%でした。この課税周りの挙動は中の人に聞いてみたい点ですね。。。
特定口座では実際10口あたり58.5円が入金されており、やはり外国税額控除の影響が大きいことが分かります。

外国税額控除の調整はされてみないと分からない点が多いのですが、少なくとも二重課税を回避できない無分配のインデックスファンドよりは有利なのかなと。
今後も主力ファンドのひとつとして取り扱っていく予定であり、定期的に中身のチェックもしていこうと思います。

 

ではまた。明日も色んな価値をBuy & Drip...

応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ