Anywhere Final Countdown

ぼくのかんがえたさいきょうのぽーとふぉりおを雰囲気運用してセミリタイアを目指すブログ

少し乖離の落ち着いてきた【2515】外国REIT(為替ヘッジなし)ETFより分配金通知です。

どうも、ポンチ熊(@ponchiwork)です。

今更レビュー関係の記事は需要が無いとは思いますが、書くネタもあまりありませんし、東証ETFに関するポジトークとしてコツコツと記事は書いていきます。
野村アセットマネジメントの新低コストETFシリーズのうちのひとつ、【【2515】NEXT FUNDS 外国REIT・S&P先進国REIT指数(除く日本・為替ヘッジなし)連動型上場投信より分配金通知です。正式名称が長いので、公式に外国REIT(為替ヘッジなし)ETFと略されています。

以前は<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンドを利用していましたが、現在はこちらの【2515】をメインに据えています。
今後、一般NISAの非課税期間が終了次第、外国REITクラスは全てこの【2515】に切り替えていく予定です。

【2515】外国REIT(為替ヘッジなし)ETF
★ベンチマーク:S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み)
★信託報酬:0.187%(税込)
★決算日:年2回(3月7日、6月7日、9月7日、12月7日)
★マーケットメイク:あり
★ファンド籍:日本
★運用会社:野村アセットマネジメント
★ファンド純資産総額:37億円

現在のところ、先進国REITに投資するファンドとしては、他のETF・インデックスファンドと比較しても最低コストで運用できるファンドになります。
ブラックロックの【1476】J-REIT ETFの信託報酬0.176%(税込み)と比較しても、十分な低コスト水準だと思います。

また、今年から始まった国内籍ファンドにおける外国税額控除の対象にもなるため、特に分配金を重視するREIT指数において大きなメリットです。
金融機関の信用リスクを飲み込めば貸株金利も取れるため、実質的にはほぼゼロコストで運用が可能ですね。

f:id:ponchiguma:20200718234144j:plain

直近の運用レポートからの抜粋です。株式市場は大分盛り返してきましたが、REIT指数は未だに軟調のまま推移しています。
資金は確実に流入しており、約37億円まで増えてきました。同じNEXT FUNDSシリーズの先進国株式指数連動のETFよりも資金は集まっています。皆きっと分配金が好きなのだ。

f:id:ponchiguma:20200718234824j:plain

これで運用から2年以上が経過していますね。基準価額とベンチマークとの連動性についてはほぼ問題の無い水準です。
日足ベースで見ると取引所価格との乖離が大きいように見えますが、長期チャートではきちんと裁定が働いているのがわかります。

これは投信が約定が1日1回であるのに対し、ETFは海外先物市場の影響を受けるためと考えています。
そもそも市況に応じて自由に指値ができるのがETFのメリットですからね。呼び値は1円ごとであり、スプレッドは問題の無い水準だと思います。

f:id:ponchiguma:20200718235255j:plain

2020年6月30日付の最新の月次レポートより、上位構成銘柄と国別投資割合です。
現在の分配金利回りは約3.7%程度です。四半期配当であり、権利落ちが近付くと若干基準価額と市場価格の乖離が生じやすくなることには注意が必要です。

今期の分配金は10口あたり61.0円でした。うち外国課税の割合は15.29%でした。所得税15.315%分はほぼ控除してもらえる計算になります。
特定口座では実際10口あたり56.1円が入金されており、控除の影響が大きいことが分かります。

かつてに比べて課税周りの改善により10%以上分配金が増えており、分配金を吐き出すETFのメリットが大きいことが分かります。
今後も外国資産へのインデックス投資については、特定口座の分は東証ETFを中心に行っていく予定です。

 

ではまた。明日も色んな価値をBuy & Drip...

応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ