Anywhere Final Countdown

ぼくのかんがえたさいきょうのぽーとふぉりおを雰囲気運用してセミリタイアを目指すブログ

不人気債券ETF【2512】外国債券(為替ヘッジあり)ETFより分配金です。

どうも、ポンチ熊(@ponchiwork)です。

一気に分配金通知が届くと書くことが増えて助かりますね。今回はメインで利用している東証ETF【2512】NEXT FUNDS 外国債券・FTSE世界国債インデックス(除く日本・為替ヘッジあり)連動型上場投信のお話です。
今回のコロナショックでパニック売り状態になっていた際は一旦債券ポジションを解消して現金待機にしていましたが、金利も少しずつ戻っており、再び外債ポジションを取っています。

債券ETFと言えば【BND】【TLT】などの米国債券ETFの話題が多く、こちらは全く話題に上がらないマイナーファンドです。つみたてNISAでは株式主体のファンドであることが必須条件であり、マイナー度合いに更に拍車をかけています。
米国債券ETFは悪くは無いのですが、ユーロ圏などへの地域分散も考慮すること、【BND】はモーゲージ債なども多く含むことから、自分はこちらの【2512】を採用しています。正式名称が長いので、公式に外国債券(為替ヘッジあり)ETFと略されています。

基本データ
★ベンチマーク:FTSE 世界国債インデックス(除く日本)
★信託報酬:0.132%(税込み)
★決算日:年2回(3月7日、9月7日)
★運用会社:野村アセットマネジメント
★マーケットメイク:あり
★ファンド籍:日本
★ファンド純資産総額:約50億円

以前はマイナーETFでしたが、昨年の2000万円問題以降(?)純資産が拡大し、現在では50億円程度の運用資産を集めています。
国内ETFの取引手数料が(条件はありますが)無料になる証券会社が増えており、これからも運用規模の拡大が期待できますね。

f:id:ponchiguma:20200417150107j:plain

直近の運用レポートからの抜粋です。やはり皆考えることは同じで、3月のパニック売りの際に資金が抜けていますが、再び50億円程度に復活しています。
DCやつみたてNISA経由で定期的に流入するようなファンドではないので、サイレントマジョリティが能動的に買っているのかと想像しています。

f:id:ponchiguma:20200417150557j:plain

昨年にはGPIFより、ポートフォリオの資産構成割合で為替ヘッジ付き先進国債券を国内債券として扱う方向に変更するとアナウンスがありました。
大きな利回りは期待できず、そもそも外債に過信は禁物です。国内債券の利回りがマイナス圏に張り付いており、代替案として浮上したのでしょう。
個人でベルでも、国内債券の代替として為替ヘッジ付き先進国債券を国内債券の代替に一部組み込む戦術を実践してみています。

f:id:ponchiguma:20200417150804j:plain

最新の月報から抜粋です。現在の平均直利は2.0%平均デュレーションは7.9年です。現状の金利水準が続けば、今後は分配金利回りは更に下がることが予想されます。
と言うか、為替ヘッジを含めると既にスカスカになっています。また、少しずつデュレーションが延長していることにも要注意ですね。

過去1年間の標準偏差は概ね4.5%程度で、分配金利回りは1.3%程度でした。過去の為替ヘッジ外債の実績を見ても、概ね標準偏差は3%強程度で推移しているようです。
国内債券指数であるNOMURA-BPIの標準偏差が2%程度であり、金利がゼロに張り付いている国内債券の補完になる可能性は十分にあります。

また、先進国株式指数との相関係数は概ね-0.3強程度であり、メインとなる株式投資の下支えにも使えると考えられます。
特に円ヘッジの日本を除く先進国債券となると海外ETFでの設定は期待できず(【TOK】という例外もありましたが)、今後も【2512】のファンドとしての価値は揺るがないでしょう。

ただ円・ドル・ユーロの三大基軸通貨の金利がゼロ付近に張り付き、マネーサプライの拡大もほぼ確実視される中で、どこまで債券投資を信用していいものかと言う根本的な疑問にぶつかっていますが。。。

 

ではまた。明日も色んな価値をBuy & Drip...

応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ