Anywhere Final Countdown

ぼくのかんがえたさいきょうのぽーとふぉりおを雰囲気運用してセミリタイアを目指すブログ

鉄板高配当ETF【1566】上場インデックスファンド新興国債券より分配金です。

どうも、ポンチ熊(@ponchiwork)です。

2か月に1回ずつ、日興アセットの【1566】上場インデクスファンド新興国債券より分配金が支給されます。正式名称が長いので、公式に上場新興国債と略されています。
こちらのファンドは国債ではありますが通貨リスクの大きい国・地域に投資しており、性格的にはハイイールド債に近いと思っています。

新興国債券以前はiシェアーズのJDRを利用していましたが、出来高が少なくて微妙だったのか繰り上げ償還になってしまいました。
各月分配でタコ配でない分配金を吐き出してくれるので、第三の資産クラスとしては高利回り債も決して悪くは無いものです。

【1566】上場新興国債
★ベンチマーク:ブルームバーグ・バークレイズ自国通貨建て新興市場国債・10%国キャップ・インデックス
★信託報酬:0.495%(税込)
★決算日:年6回(1,3,5,7,9,11月の各10日)
★マーケットメイク:なし
★ファンド籍:日本
★運用会社:日興アセットマネジメント
★ファンド純資産総額:200億円

f:id:ponchiguma:20200219181816j:plain

Yahoo!ファイナンスより転載

見ての通りチャートは右肩下がりになっています。中身が新興国の現地通貨建て債券であり、金利動向に加えて為替の影響を強く受けます。
直近の分配金利回りは5.5%程度で動いています。以前の好調時は6%近く利回りがありました。今回は為替の影響もあるのか、分配金は維持されています。

これはファンドの運用が上手くいっていないわけではなく、ファンドの保有する債券のクーポン利回りの低下によるものです。直近の運用報告書では。平均クーポンは5.64%、平均デュレーションは6.21年でした。
2か月あたりの信託報酬がおよそ0.08%程度であることを考えると、指数からの下方乖離が多少開いてきている運用結果となっています。

f:id:ponchiguma:20200219182647j:plain

直近の月次レポートより抜粋です。JPモルガンのベンチマークと異なり、中国・韓国がそれなりのウエイトを占めています。
ベンチマークは10%キャップインデックスであり、東アジア地域に偏りすぎず、適度に分散が利いているように思います。

個人的な印象ですが、10%キャップインデックスであるメリットは大きく、中韓台で大半を占める新興国株式指数より東アジア地域に偏りすぎず、通貨・地域が適度に分散されているように思います。
中韓台で大半を占める新興国株式指数より、こちらの方が日本人目線で想像する『新興国』のイメージに近いかもしれませんね。

f:id:ponchiguma:20200219183058j:plain

フェイクではなく、ちゃんと東証ETFを買ってます。ちなみに【1555】豪州REITは売却済みにつき、最後の分配金になります。今後は【2515】と個別REITでいく予定。
高利回り債券クラスは、引き続き【PFF】【SJNK】への投資も継続します。

ではまた。明日も色んな価値をBuy & Drip...

応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ