Anywhere Final Countdown

ぼくのかんがえたさいきょうのぽーとふぉりおを雰囲気運用してセミリタイアを目指すブログ

こどもの日~ジュニアNISAの運用状況の振り返りです。

どうも、ポンチ熊(@ponchiwork)です。

今日はこどもの日なので、ジュニアNISAの運用状況を振り返ってみたいと思います。
日本は連休中で相場が動いていませんので、2022年5月2日、東証終了時点の集計です。ちなみにジュニアNISAは全て円建ての運用となっています。

つみたてNISA・iDeCoに加え、非課税制度としてもうひとつ重要なジュニアNISA口座です。
こちらは2017年より満額拠出しています。既に80万円×5年間×2人分の拠出は終えており、あとは成り行きを見守るだけです。

運用の方針

神経質すぎるかもしれませんが、2人のポートフォリオは保有銘柄はもちろん取得単価まで1円単位で揃えるようにしています。
これは将来いずれやってくる相続のとき、きょうだい間での揉め事を起こさないためです。親が与える分は平等にしているというメッセージですね。

積み立て当初は【1550】MAXIS 海外株式の一本勝負の予定でしたが、国内の個別株も購入する方針に変更しています。
インデックス投資でも十分なのですが、個別企業を保有する喜びも引き継いでいければいいかな、と。厳選した日本のブルーチップで構成しています。

ポートフォリオ(ジュニアNISA)

積み立て中のETF・投資信託はこちら、個別株の保有銘柄はこちらです。

★運用資産 合計 : 11,295,680 円 (2口座分合計)

ジュニアNISAでの運用資産全体としては、年初来で+2.2%でした(配当除く)。非課税枠は使い切っており、今後入金の予定はありません。
ちなみに円建てACWIであるeMAXIS Slim オール・カントリー-1.7%となっております(配当込みのリターン)。

投資先のETFは【1550】MAXIS 海外株式であり、 【2559】MAXIS 全世界株式(オール・カントリー)は使用していません。
これは2017年の口座開設の際にはまだ【2559】が設定されてなかったためです。都合よくカントリーリスクを回避する形になりました。

個別企業は国内の大型シクリカル銘柄が中心ですが、【9513】電源開発の奮戦により結果的に指数をアウトパフォームする結果となっています。
また、【1550】MAXIX 海外株式の挙動次第ですが、現状で2%強程度の配当収益を目論んでいます。配当が非課税になるのは大きいですね。

ちなみに2017年の運用開始以降のキャピタルゲインのみで+26.4%となっています。途中入金しながらのトータルゲインですから、配当を考えると十分すぎるくらいでしょう。
ジュニアNISAはスポット買いが中心ですが、相場自体が中期で右肩上がりになっており、積み立て投資とほぼ変わらない結果になっています。

株価指数は長期的には右肩上がりと言われますが、積み立て投資では途中にある程度下げ相場を挟んだ方がいいという理由が見て取れますね。
ジュニアNISAは10年以上先を見据えてのバイ&ホールドが前提なので、短期の指標に一喜一憂しても仕方が無いのですが。

2023年でジュニアNISAの制度自体は終了しますが、継続管理勘定であと10年は非課税で運用できます。
今後も吐き出される配当は、適宜特定口座での運用に回していく予定です。できれば大学進学の費用には使用せずに済ませられればと思っています。

 

ではまた。応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ