Anywhere Final Countdown

ぼくのかんがえたさいきょうのぽーとふぉりおを雰囲気運用してセミリタイアを目指すブログ

全く話題に上がらない【2561】iシェアーズ・コア 日本国債 ETFの運用資産が100億円に到達したようです。

どうも、ポンチ熊(@ponchiwork)です。

個人的に低リスク資産の運用先として注目している【2561】iシェアーズ・コア 日本国債 ETFの純資産が100億円に到達したようです。万歳。
上場は今年2020年の2月26日ですから、運用開始から半年を待たずしての到達です。ネットで話題になることはほとんどありませんが、貴重な日本国債ETFであり、需要は確実にあるのでしょう。

f:id:ponchiguma:20200704133024j:plain

個人的には今年東証設定のファンドでは一番注目しているETFでした。
同時期に設定され話題になった【2558】【2559】の純資産はまだ50億円未満であり、【2561】は地味ですが有用なETFだと思ます。

【2561】iシェアーズ・コア 日本国債 ETF
★ベンチマーク:FTSE日本国債インデックス
★信託報酬:0.066%(税込)
★決算日:年4回(1月11日、4月11日、7月11日、10月11日)
★マーケットメイク:あり
★ファンド籍:日本
★運用会社:ブラックロック
★ファンド純資産総額:100億円

f:id:ponchiguma:20200704130750j:plain

iシェアーズの公式サイトより転載

直近では少し金利が持ち直していることもあり、基準価額は一時期より低下しています。
それでも上場直後から比べれば2%2程度の変動であり、円建て債券ファンドとしての存在感は確実ですね。

日本国債のマイナス金利が実施されて久しいですが、こと円建てポートフォリオの安定には日本債券は欠かせないものです
ファンドの呼び値は1円ごとです。頻繁に売買する対象ではないので出来高は小さいものの、昨年から始まった東証マーケットメイクの対象にもなっており、取引には問題なさそうです。

f:id:ponchiguma:20200704131553j:plain

iシェアーズの公式サイトより転載

現状ではファンドのデュレーションは12年を超えており、長期債券ファンドとしての色彩が濃くなっています。
バーベル型ポートフォリオに近い構成であり、20年超の債券が20%以上組み込まれていることには注意が必要です。

利回りの乏しい日本債券をインデックスで持つ必要があるのかどうかという疑問もありますが、過去データからは、ある程度中期~長期債券で持っていた方がポートフォリオ全体の標準偏差は小さくなるようです。
今後も守備的資産は『キャッシュ』『日本国債』『外国債券』『金(ゴールド)』をハイブリッドで使っていく予定です。

登場した当時はどのくらい需要があるか疑問でしたが、ファンド自体の運用はひとまず安心です。
100億円を超えるとより機関の買いも入りやすくなりますし、金利を見ながらマッタリと積み立てていくことにします。

 

ではまた。明日も色んな価値をBuy & Drip...

応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ