Anywhere Final Countdown

ぼくのかんがえたさいきょうのぽーとふぉりおを雰囲気運用してセミリタイアを目指すブログ

相場は揉み合いながらも分配金は回復傾向【1476】iシェアーズ・コア Jリート ETFより分配金です。

どうも、ポンチ熊(@ponchiwork)です。

コロナショックとは何だったのでしょうか。最近では1%くらい下げただけでも調整じゃないかと思うくらいのぬるま湯が続いていますね。少し気を引き締めないといけないのかも。
さて、3月の大底では地銀などのホルダーがが泣く泣く(?)売ったためが時価総額が一瞬にして半減した【1476】iシェアーズ・コア Jリート ETFですが、無事今年最後の分配金通知もやってきました。

現在はコアのポートフォリオ全体のうち、およそ6%程度をオルタナティブ資産に割いており、海外REIT・新興国債券に加えJ-REITにもそこそこ割いています。
単価も安いので余った資金で安値を見ながらちょこちょことナンピン買いをし、何とか含み益を維持している状態です。 

【1476】iシェアーズ・コア Jリート ETF
★ベンチマーク:東証REIT指数
★組み入れ銘柄数:62

★信託報酬:0.176%(税込)
★決算日:年4回(2月9日、5月9日、8月9日、11月9日)
★マーケットメイク:あり
★ファンド籍:日本
★運用会社:ブラックロック
★ファンド純資産総額:2,460億円

f:id:ponchiguma:20201222222526j:plain

※ブラックロックの公式サイトより

マーケットメイク対象であり、流動性も十分なため、基本的には市場価格と基準価額の乖離は起こりにくいのですが、コロナショックのクライマックスでは、市場価格が下落に追いついていませんでしたね。
自分は乖離が気になってしまい、買うかどうか迷って結局買わなかったわけですが、そこで仕込んでおけば大きな利益が出ていたことになりました。残念。

f:id:ponchiguma:20201222222857j:plain

※ブラックロックの公式サイトより

分配金の履歴です。2018-2019年はJ-REITの価格が非常に強く、反面分配金が追い付いていなかったため、一時期は分配金利回り3%程度にまで低下していましたね。
前回はクラッシュの影響もあり16円に減配となっていましたが、今期は1株あたり18円に戻しています。現状での利回りは4%強であり、基準価額がヨコヨコで来ていることを考えると面白い投資先ではあります。

f:id:ponchiguma:20201222223304j:plain

※ブラックロックの公式サイトより

上位構成銘柄です。J-REITの市場自体が小さいため、構成銘柄は大幅には変わりません。上位の中で順位変動が少しある程度です。
組み入れ銘柄は現時点では62銘柄です。上位組み入れ銘柄の比率が高く、資産は東京のオフィスビルに集中している状況に変わりはありません。

f:id:ponchiguma:20201222223642j:plain

Yahoo!ファイナンスより転載

TOPIXとの比較チャートです。株価指数はコロナショックを乗り越えて年初来水準を上回り回復していますが、J-REIT指数は残念な結果ですね。
年初来では-20%程度の水準を推移しています。逆に言えば分配金水準が戻ってくるのであれば長期ホルダーにとっては買い増しのチャンスでもあります。

現状日本株・米国株ともに株価は緩和を織り込んでか指数全体では大変強気で推移しており、買い増しはしづらい水準が続いています。
インデックスによるバスケット買いであれば、分配金狙いのオルタナティブ資産として、また為替相場を直接受けない資産クラスとして、割合を増やしてみても面白いかもしれませんね。 

 

ではまた。明日も色んな価値をBuy & Drip...

応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ