Anywhere Final Countdown

ぼくのかんがえたさいきょうのぽーとふぉりおを雰囲気運用してセミリタイアを目指すブログ

一瞬にして時価総額の半分が蒸発した【1476】iシェアーズ・コア Jリート ETFより分配金です。

どうも、ポンチ熊(@ponchiwork)です。

依然として株式市場は先行きが不安定ですが、金・原油・不動産などもボラティリティが高い状態が続いています。
さて、急落直前に権利落ちとなった【1476】iシェアーズ・コア Jリート ETFより分配金通知がやってきました。

昨シーズンのポートフォリオ組み換えにより、これまでは個別株扱いだったJ-REITもコア資産に格上げしています。
現在はコアのポートフォリオ全体のうち、1%程度をJ-REITに割いている計算になりますね。 

【1476】iシェアーズ・コア Jリート ETF
★ベンチマーク:東証REIT指数
★信託報酬:0.176%(税込)
★決算日:年4回(2月9日、5月9日、8月9日、11月9日)
★マーケットメイク:あり
★ファンド籍:日本
★運用会社:ブラックロック
★ファンド純資産総額:1,460億円

これ1本で東証に上場するJ-REIT銘柄に分散投資が可能なETFです。分散投資とは言っても、J-REIT自体の市場は小さく、組み入れ銘柄は現時点では64銘柄です。
現時点ではダイワの【1488】の方がわずかに信託報酬は低いのですが、最低投資単位の小ささから、当方はこちらの方を愛用しています。

日本株とも外貨建て高利回り債とも異なった動きをするのも面白いですね。
特に米国株を始め、外国株式との相関係数が比較的小さく、分散先の一環としては価値があると思います。

f:id:ponchiguma:20200320211547j:plain

Yahoo!ファイナンスより転載

TOPIXとの2年比較チャートです。2018年は唯一プラスリターンを叩き出したファンドでしたが、ここにきて垂直落下。
東証REITは市場規模が小さいこともあり、市場の急変時にはとんでもない動きをしてくれますね。

2020年2月の分配金は昨年より増配になり、1単元あたり19円の分配金で、利回りは4%台となっています。
現状の基準価額のままでも分配金が維持されていれば、計算上は利回りは6%台中盤になりますね。

f:id:ponchiguma:20200320211600j:plain

ブラックロックの公式サイトより、上位組み入れ銘柄です。J-REIT指数は構成銘柄が少なく、上位組み入れ銘柄の比率が高いのが特徴です。
こちらは時価総額比インデックスですが、東証REIT Core指数を利用すれば均等割インデックスによる投資も可能です。MUKAMの【2517】、農林中金の【2527】、ダイワの【2528】がありますね。

また、J-REITの特性上、どうしても資産は東京のオフィスビルに集中します。
いくら分散投資とは言え、世界最大規模の摩天楼トーキョーにある不動産への集中投資になることには注意が必要です。

f:id:ponchiguma:20200320211156j:plain

フェイクじゃなくてちゃんと東証ETFを買ってます。先週1,500円台で一度ナンピン買いを発動しましたが、その直後に更なる垂直落下。
円安傾向で海外資産が微妙に買いづらく、今の価格水準が続けば国内資産として更に買い増しを続ける予定です。 

出来高と資産規模が問題に上げられる東証ETFですが、TOPIX・日経225・JPX日経400・マザーズなどの国内主要指数とJ-REITに関しては主要ETFの出来高を気にする必要は無さそうです。
今年はMUKAMからACWIをベンチマークとする国内版VTである【2559】の上場もあり、今後も東証で買えるものは東証で買っていく予定です。

 

ではまた。明日も色んな価値をBuy & Drip...

応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ