Anywhere Final Countdown

ぼくのかんがえたさいきょうのぽーとふぉりおを雰囲気運用してセミリタイアを目指すブログ

iFree NEXT NASDAQ100 インデックスの中身が結構変わってる。

どうも、ポンチ熊(@ponchiwork)です。

先日は保有していた【1557】SPDR S&P500 ETF Trustを全て【1545】NASDAQ-100 ETFに切り替えたわけですが、以前はiFree NEXT NASDAQ 100を利用していたこともありました。
改めて中身を覗いてみると、ファンドの純資産の拡大により、大分中身が変わってきているのがわかります。

www.ponchi.work

iFree NEXT NASDAQ100 インデックス

★ベンチマーク:NASDAQ100指数
★信託報酬:0.495%(税込み)
★信託財産留保額:なし
★決算日:年1回(8月30日)
★つみたてNISA:非対応
★運用会社:大和投信
★ファンド純資産総額:約32億円

大和投信のiFreeブランドからNASDAQ100連動の投資信託です。低コストインデックスファンドシリーズではeMAXIS Slimシリーズが大人気ですが、iFreeブランドでは新興国債券やNASDAQ100など、eMAXIS Slimシリーズとはまた変わったインデックスファンドを提供してくれています。
他にもスマートベータ方式の新興国株式や鉄板のNYダウ30など、面白いベンチマークに投資する楽しみがありますね。

f:id:ponchiguma:20200510135013j:plain

直近の運用状況をSBI証券のページから転載です。約半年前に10億円程度だった純資産は30億円超まで増加。
今回のコロナショックの中でもNASDQQ100指数は年初来プラスまで回復していますが、このファンドも資金の流出は無く、むしろ積み立ては増えているようです。

ちなみにこういった『ETFを買うだけ』ファンドはベンチマークとの乖離が大きくなります。
実際、現物運用されている【1545】NASDAQ-100 ETFと信託報酬は同じですが、パフォーマンスでは年率で0.15%程度劣っています。

f:id:ponchiguma:20200510135553j:plain

最新の運用レポートから抜粋です。以前は楽天VTIなどと同じく、中身はほとんどがインベスコの【QQQ】になっていました。
純資産が増えて現物運用が可能になってきたようです。現状では現物の割合が50%強まで高められていますね。

昨年度の決算では【1545】とのパフォーマンスの差は0.4%程度でしたから、現物の割合が増えていることでの安定感は増しているようです。
SBI証券では投信マイレージ0.2%対象ファンドであり、信託報酬の一部をポイントで回収することも可能です。

設定が2018年なので、2023年までに50億円を集めることができれば、つみたてNISAにも選出される可能性が高いですね。
実際、eMAXIS NYダウインデックスやEXE-i グローバル中小型株式ファンドなど、金融庁指定のインデックスでないインデックスファンドはアクティブファンド扱いでつみたてNISAに選出されています。

取りあえずiFreeはNASDAQ100とダウ30連動イデックスファンドがつみたてNISAに選出されるように頑張ってほしいですね。
年金バランスなどの面白いバランスファンドも持っているし、もう少しプロモーションが上手ければ、と残念に思うのです。

 

ではまた。明日も色んな価値をBuy & Drip...

応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ