Anywhere Final Countdown

ぼくのかんがえたさいきょうのぽーとふぉりおを雰囲気運用してセミリタイアを目指すブログ

確定拠出年金から2021年の重要なお知らせです。

どうも、ポンチ熊(@ponchiwork)です。

委託会社から確定拠出年金(iDeCo)に関する重要なお知らせが届きました。ねんきん定期便みたいなもので定期的に送付されてきますね。
基本的にiDeCoは放置なのですが、ついつい投資信託の基準価額変動には一喜一憂してしまいますね。設定してしっぱなしという人も多いと思うので、定期的な郵送も必要でしょう。

f:id:ponchiguma:20210206222420j:plain

確定申告に必要な方は既に受け取っているので、今回のは運用状況の確認です。2020年の確定申告は既に終了。
復習ですが、iDeCoは拠出しただけでは減税のメリットを享受できません。確定申告で小規模企業共済等掛金控除を受けて初めてメリットのある制度です。

f:id:ponchiguma:20210206221529j:plain

楽天証券は本家楽天市場と異なり広告も少なく、株式や投信と同じ画面でiDeCoも操作できます。
個人的には楽天経済圏とは、証券・銀行・カードをパッシブに利用しつつ、付かず離れず距離を取って付き合うのがトータルのメリットは大きいと考えています。

f:id:ponchiguma:20210206221820j:plain

こちらは23,000円拠出の方。自分は12,000円拠出組なんでこれの半分くらいです。コロナショック以降の強烈なリバウンドで大きくプラスになっています。
ここまでの約4年間で合計130万円くらいですね。あと20年と少し積み立てると、退職金代わりにそこそこまとまった金額にならないかと期待しています。

投資先はたわらノーロード先進国株式の一本勝負です。年に2回重要なお知らせが届くのでその際にパフォーマンスでも確認しておきましょう。
iDeCoは口座内で自由にリバランスできるのがメリットですが、スイッチングの注文から実際に資金が動くまでには若干のタイムラグがあります。

今回のように稲妻の輝く瞬間に定期預金に動かしていると、非常に残念なことになってしまいます。
タイミングを狙って動かすことは事実上不可能であり、株式インデックスに設定しスイッチング無しの放置プレイでの運用が基本です。

f:id:ponchiguma:20210206223057j:plain

Yahoo!ファイナンスより転載

たわらノーロード先進国株式
★ベンチマーク:MSCIコクサイ・インデックス(配当込み)
★信託報酬:0.10989%(税込)
★信託財産留保額:なし
★つみたてNISA:対応
★iDeCo対応金融機関:楽天証券・みずほ銀行・イオン銀行
★決算日:年1回(10月12日)
★運用会社:アセットマネジメントOne
★ファンド純資産総額:約890億円

ついこの前のように思いますが、チャイナショック~トランプラリーと言っていた頃からは既に隔世の感がありますね。
iDeCoが一般に開放されてからこの4年間、愚直に積み立ててきた人には大きなリターンがあったことと思います。

ちなみにトータルの実質コストは0.152%と全く問題ない水準です。昨年は他社に対抗してか、信託報酬の引き下げも実施されました。
若干eMAXIS Slimシリーズに水をあけられているようにも見えますが、マザーファンドの規模や運用実績には問題は無いと思われます。

ちなみに自分の保有する口座の中で最も利益率が高いのはこのiDeCo口座です。
下手に売買を繰り返さず、ひたすらインデックスを抱えているだけと言うのが最も効率的であるという厳しい現実がここにあります。。。

 

ではまた。明日も色んな価値をBuy & Drip...

応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ