Anywhere Final Countdown

ぼくのかんがえたさいきょうのぽーとふぉりおを雰囲気運用してセミリタイアを目指すブログ

日本人目線のオールウェザー戦略についての私見を少し。

どうも、ポンチ熊(@ponchiwork)です。

先日Twitterでオールウェザー(全天候型ポートフォリオ)やリスクパリティポートフォリオの話題が出ていました。
経済のサイクルの中で、どんなシチュエーションでも対応できるようアセットを分散し、それぞれのリスク量を均一にする(ある資産クラスに偏らないようにする)ことで安定運用を目指すポートフォリオ戦略ですね。

f:id:ponchiguma:20200415211147j:plain

Seeking Alphaより抜粋して転載

これについてはレイ・ダリオのオールウェザーポートフォリオが有名です。氏は経済のサイクルを4つの季節、経済成長率とインフレの組み合わせて表しています。
株式、中・長期債(あるいは物価連動債)、金(ゴールド)、コモディティを組み合わせることで、相場がどのような天候に動いても対応できるという戦術です。

f:id:ponchiguma:20200415211906p:plain

トウシル(楽天証券)より抜粋して転載 

また、経済評論家の山崎元氏も『山崎式経済時計』として相場のサイクルを眺めていく手法を提唱されています。
しかし山崎氏は『分離定理』として株式全ツッパの手法を提唱していることでも有名ですね。

f:id:ponchiguma:20200415212511j:plain

こちらがオールウェザーポートフォリオの代表例で、債券比率も高く、一見するとどの局面にも対応できるように見えますが、これをそのまま日本人に当てはめるのは少々危険です。
基軸通貨である米ドルで生活している米国人であれば、米国債を中心とした投資戦略は為替リスクから解放されるため、この手の米国集中型でも問題は無さそうですが、我々日本人は為替リスクのことを常に頭に置いておく必要はあると思います。
基本的に円で給与を受け取り、日々の生活も円を使う多くの日本人にとっては、米国発ポートフォリオを真似すると、どうしても米ドルへの集中投資になってしまう点には注意が必要です。

自分は国際分散投資を考えるとき、以下の4つの季節を意識しています。

  • 円高 × 株高
  • 円安 × 株高
  • 円高 × 株安
  • 円安 × 株安

f:id:ponchiguma:20200415214402j:plain

1.円高 × 株高

一番理想的なパターンです。経済が好調な上、自分が給与として受け取る日本円の購買力は相対的に強く、物価も安く抑えられます。相対的に外国資産が安くなるため、相場が好調な中でも資産の積み増しもしやすい時期です。
円預金や日本債券だけでも問題無さそうですが、株式を持っておけばそれだけリターンを上積みできます。日本のグロース株に強みがあるターンですが、動きの激しい日本市場で『当たり』を引くのは難しいので、株式インデックスに任せておきます。

2.円安 × 株高

株式投資をしていると一種のボーナスステージになりますが、逆に言うと株式投資をしていないと格差が広がるターンでもあります。企業業績は好調ながら資源・原材料価格も上がり、物価も上昇して生活を圧迫するタイミングです。
『実感の乏しい経済成長』と呼ばれるのはこのターンです。経済成長が給料に反映されてくれればいいのですが、得てして給料というのは上方硬直性が高く、上手く転職ができる強運が無いと物価の上昇を打ち消す程の上昇は望めないものです。

3.円高 × 株安

投資をしているとダブルパンチを喰らうターンですが、職業さえしっかりしていれば物価は安く、外国資産を格安で買えるボーナスステージになります。
振り返ってみても、2009-2010年の頃は自分の給料が景況による影響をほとんど受けなかったため、家電などを格安で購入できて生活は楽だったように思います。

資産クラスとしては円預金・日本債券が頼りになります。債券が強いタイミングなので、為替ヘッジ外国債券も役に立つと思います。
個人的には、起業せずにサラリーマンで行くならばこのターンでも給料の下方硬直性が強い職を目指した方がいいと思うのですが。。。学生さんは考えてみてください。

4.円安 × 株安

ここが一番厳しいターンです。日本円の購買力は低く、景気が悪いのに物価は下がらないという最悪なパターンです。
円安による資源・原料価格の高止まりから、『悪性のインフレ』が起きやすいのもこの時期です。
金利を生まないから不要と言われる金(ゴールド)が短期的にはポートフォリオの毀損を守ってくれます。為替プレミアムを得られる外国債券も役立ちます。

ちなみに、【KO】コカ・コーラや【PG】プロクター・アンド・ギャンブルなどの株式が輝くのもこのターンだと思います。
低金利のダラダラ不況下で債券も当てにならない時でも変わらずキャッシュを稼ぎ続ける、いわゆる『シーゲル銘柄』が産み出すインカムが貴重になる時期でしょう。

最後のパターンで頼りになるのは、雑魚の寄せ集めになる【SPYD】ではなく、ワイドモートで固めてある【HDV】なのかな、と思っています。
実際にこの時期が長く続くとどうなるのかは分かりませんが。。。今の所は【AMZN】もディフェンシブになってますしね。

 

ではまた。明日も色んな価値をBuy & Drip...

応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ