Anywhere Final Countdown

ぼくのかんがえたさいきょうのぽーとふぉりおを雰囲気運用してセミリタイアを目指すブログ

【読書記録】日本の分断(三浦瑠麗著)を読みました。

どうも、ポンチ熊(@ponchiwork)です。

少し前に話題になっていた本をTwitter投資仲間の杏花荘さん(@Kyokasou)から教えてもらったので読んでみました。
山猫総合研究所・代表の三浦瑠麗さんの著作です。200Pちょっとの新書なんですぐに読めますね。

前半の内容は2016年のアメリカ大統領選挙の際に話題になった国民の意識調査『ボーダー・サーベイ』と、その日本版の比較です。
こちらの調査では、国民の意識を下記の4パターンに分類して、支持政党・政策との関係を分析しています。

  • 経済保守 × 社会保守
  • 経済リベラル × 社会保守
  • 経済保守 × 社会リベラル
  • 経済リベラル × 社会リベラル

本家アメリカの調査では、これらの組分けと投票先(共和党ドナルド・トランプか、民主党ヒラリー・クリントンか)がきれいにリンクするといった結果が出ています。
対する日本では、与野党とも支持層がオーバーラップしてしまい、この分類では決まらないと述べています。

本書では、著者らのグループが調査した『日本人価値観調査』をもとに、日本人の投票行動を下記の4パターンに分類しています。

  • 経済保守 × 外交安保リアリズム
  • 経済リベラル × 外交安保リアリズム
  • 経済保守 × 外交安保リベラル
  • 経済リベラル × 外交安保リベラル

調査結果のサマリーはこちらからも読めます。山猫総合研究所の公式HPより。
前半の調査結果自体は面白いのですが、後半は結構筆者の主観が強く入っていたように思いました。

ちなみに『日本人価値観調査』は現在でも回答可能です。本書を読む前に回答してみると面白いかもしれません。

yamaneko.co.jp

ではまた。応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ