Anywhere Final Countdown

ぼくのかんがえたさいきょうのぽーとふぉりおを雰囲気運用してセミリタイアを目指すブログ

【読書記録】教育格差(松岡亮二著)を読みました。

どうも、ポンチ熊(@ponchiwork)です。

先日サルベージした読書記録に続き、社会教育と所得再分配に関する本です。あまり格差論の話ばかり読んでいても暗澹たる思いになってきますが。
この本自体は著者が過去のデータの積み上げを基に日本の教育システムの結果を分析しているものなので、独自の教育論とか新しい論点という内容ではありません。一般向けに平易に書かれた新書なので、気合を入れなくても読めます。

f:id:ponchiguma:20220410224110j:plain

著者は日本社会を本人が変えることのできない初期条件である『生まれ』で人生の選択肢・可能性が大きく制限される『緩やかな身分社会』として論じています。
各家庭・地域・学校ごとに『SocioEconomic Status(本文中では『SES』と省略)』があり、その差は国民皆が受ける標準化され公平な義務教育を経ても縮まりづらいものと分析しています。

内容は身も蓋もない話で、『親が大卒』で『三大都市圏出身』だと(少なくとも教育という面では)幼児教育の時点で優位であり、その差が大人になるまで埋まらない(むしろ拡大する)と言うものです。
大卒の親からは大卒の子どもが世代を超えて再生産され、緩やかな身分社会になると、多くの人が肌感覚として持っているものがデータで示されています。

義務教育で横並びでスタートするはずの公立小学校でも、居住地域によって明確な差があり、それが大学進学への潜在意識に繋がると言うデータも示されています。
SESの高い家族はSESの高い地域に住み、その地区の公立学校もSESの高い学校になるということで、『生まれ』による差が覆りにくい社会になっているということですね。

確かに自分も『大学は行くのが当たり前』の環境で育ち、次世代も大学(と言うか大学院まででも)に進む前提でマネープランを立てているので、読後感は良くないですね。。。
もし自分の子どもが大学に行かずに好きなことをしたいと言い出したら、大学は(偏差値の高低に関わらず)取りあえずでもいいから出ておくように説得するでしょう。

テーマ自体は語り尽くされているもので特別真新しい内容は無かったのですが、印象的だったのが『日本の教育制度は門戸は平等に開かれているので、高校時点で不利なトラックに入っても大学で逆転することが可能、だけど逆転できたグループに焦点を当てると、その人たちは両親の社会階層が高い』というこれまた身も蓋もない話です。
最近ネット上でもよく見る『親ガチャ』『実家が太い』というのがそのまま有形無形の資産として次世代に引き継がれていくということなんでしょうね。でも上位グループも転落しないために教育費の軍拡競争に陥るらしいので、必ずしも幸福とは限らないと思うのですが。

 

ではまた。応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 株ブログ 割安株へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ