若干乖離の気になる【2515】外国REIT(為替ヘッジなし)ETFより分配金通知です。利回り3.5%の先進国REIT連動ETF。

皆様いつもお世話になっています、ポンチ熊(@ponchiwork)です。

自分の知識の整理と備忘録も兼ね、インデックス投資の実践経過を記録していきます。
今回は野村アセットマネジメントの新低コストETFシリーズのうちのひとつ、【2515】NEXT FUNDS 外国REIT・S&P先進国REIT指数(除く日本・為替ヘッジなし)連動型上場投信から分配金通知です。
正式名称は長いので、外国REIT(為替ヘッジなし)ETFと略されています。

【2515】外国REIT(為替ヘッジなし)ETF

基本データ

★ベンチマーク:S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み)
★信託報酬:0.187%(税込み)
★決算日:年4回(3月7日、6月7日、9月7日、12月7日)
★運用会社:野村アセットマネジメント
★マーケットメイク:あり
★ファンド籍:日本
★ファンド純資産総額:約26億円

野村アセットマネジメントの巨大なマザーファンドを利用したETFで、国内では唯一、S&P先進国REIT指数をベンチマークとしているETFであることが特徴です。
【2559】MAXIS 全世界株式などの超低コストETFも運用が始まっていますが、現在のところ、先進国REITに投資するファンドとしては、他のETF・インデックスファンドと比較しても信託報酬最安ファンドになります。

自分も以前は<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンドを利用していましたが、現在はこちらの【2515】をメインに据えています。
J-REIT ETFの代表格であるブラックロックの【1476】J-REIT ETFの信託報酬0.16%と比較しても、十分すぎるくらいに低コスト水準だと思います。



2019年12月30日付の最新の月次レポートより、上位構成銘柄と国別投資割合です。
米国偏重と言われるMSCIコクサイ指数よりも米国投資の割合が高く、保有資産の3/4程度は米国に偏っていることには注意が必要です。

ここまで偏っていると米国REITでもいいんじゃないかって気になってきますが、多少なりとも地域分散が効いていることのメリットも大きい。
特にREITのような小粒オルタナティブ資産クラスの場合、徹底した分散を心がけるくらいでちょうどなのかもしれません。



同じく最新の月次レポートより、運用実績のチャートです。設定以来、純資産は確実に伸びてきており、現在は25億円程度まで拡大して推移しています。
現在の分配金利回りは約3.3%です。また、高利回りながら四半期配当であり、権利落ちが近付くと若干基準価額と市場価格の乖離が生じやすくなることには注意が必要です。


2019年12~2020年1月の出来高データ、JPXの公式サイトからの抜粋です。マーケットメイクの対象ではありますが、出来高はまだ若干寂しいものがあります。
マーケットメイク対象であり、スプレッドは大きな問題はありませんが、大量に取引するとどうなるのか。実験するだけの資金量もありませんが。



フェイクじゃなくてちゃんと国内ETFを購入しています。ちなみに今回から税制改正に伴う外国税額控除に関する文言が裏面に入るようになりました。
分配金の通知も、金額の部分は***マークで記載されており、証券口座の金額で確認する方式になっていますね。

今回はREIT ETFだったのでまだ挙動の確認ができていません。
次回の外国株式ETFからの分配金通知が来たら、外国税額控除に関する挙動も実践して調べていきたいと思います。

ではまた。明日も色んな価値をBuy & Drip...

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 

0 件のコメント :

コメントを投稿