【備忘録】東証ETF取引に関する簡単なメモ。

皆様いつもお世話になっています、ポンチ熊(@ponchiwork)です。

東証上場ETFの最近の動向について、簡単な備忘録を更新。元は2019.11.4に初出。

日本株式

TOPIX

・流動性トップは日本版SPYであるNEXT FUNDSの【1306】で、1日平均30億円前後の出来高。
・コスト最安はiShresの【1475】で、純資産は3,000億円超、出来高は4億円前後。【1475】もマーケットメイク対象で、スプレッドは問題なし。1単元あたりの金額が安いので、コツコツ積み立てるには使いやすいと思う。

日経225

・流動性は同じく日本版SPYであるNEXT FUNDSの【1321】がトップで、1日平均50億円の出来高。
・コスト最安はやはりiShresの【1329】で、純資産は7,000億円超、出来高は6億円程度。【1329】でもスプレッドは問題なし。

その他

・JPX400連動も概ねスプレッドは問題なし。マーケットメイク対象であれば尚更安心。
・その他ESG関連や設備人材投資、高配当などのテーマ型ETFは、マーケットメイク対象になっていないとスプレッドが大きい傾向あり。意外と面白いスマートベータが多いので覗いてみるのも良いと思う。
・業種別ETFはダイワのTOPIX-17シリーズが繰り上げ償還になり、NEXT FUNDSシリーズのみに。
・マザーズ指数ETFは先物運用のまま。マザーズコア・JASDAQ TOP20連動のETFは現物運用。

先進国株式

・マーケットメイク対象は概ね問題無し。iNAVは欧米株先物取引から計算されているか?
・マーケットメイク対象外でも、米国株関連(S&P500・ダウ30・NASDAQ100)は概ね問題無し。
・UBSの米国株ETFはファンド籍がルクセンブルクで非課税かと思いきや、米国で10%課税されてからルクセンブルクを通すため、外国税額控除をどうやってもできない。2020年からの外国税額控除の拡大の恩恵も受けられないと思われる。
・UBS・サムスンのマイナーETFは基準価額と市場価格の乖離が大きい傾向あり。出来高も少ない。UBSはJDR形式であり国内株式扱いだが、サムスンのは外国籍ETFの東証重複上場であり、税法上は外国株式扱い。
・話題の【2559】MAXIS 全世界株式(オール・カントリー)はiNAVの開示予定は無いらしい。日本部分と外国株部分の時差によるものと勝手に想像。

新興国株式

・マーケットメイク対象(MSCIエマージング・インド株)は概ね問題無し。
・マーケットメイク対象外の銘柄では、長期間大きな乖離が戻らない現象あり。裁定の挙動については外から見ても正直よく分からない点が多い。
・日中ETFコネクティビティによる新規中国A株ETFも、実態としては現地ファンドを対象としたFoFであり、税法上は国内株式扱い。

債券

・マーケットメイク対象は概ね問題無し。【1566】上場新興国債【1677】上場外債も対象にはなっていないが概ね問題は無し。iNAVは外国国債先物取引から計算されているか?
【1349】ABF汎アジア債券インデックス・ファンドはSPDRブランドの重複上場であり、税法上は外国株式扱い。

REIT

・J-REITはダイワの【1488】がコスト最安でマーケットメイク対象。でもiシェアーズの【1476】も殆ど変わりがなく、最低投資単位が小さいのでメリットあり。
・外国REITは【2515】はマーケットメイク対象だが、【1555】豪州REITは乖離に注意が必要。

コモディティ

・マーケットメイク対象の金ETF【1540】は問題なし。同じシリーズの現物保管型ETF、プラチナ【1541】【1542】パラジウム【1543】も概ね価格は信頼できる。
・指数先物取引でもマーケットメイク対象の原油ETF【1671】【1699】は概ね問題無し。その他は乖離に注意が必要。

適当なまとめ

・マーケットメイク銘柄の価格はまず大丈夫。外国資産は『スター銘柄』を売買しておけば大きな間違いないと思われる。
・現行環境では、S&P500への投資は特定口座で【1557】を動かすのが最も低コストになる可能性あり。2020年以降は【2558】の挙動次第か。
・先進国株式・新興国株式ともに、MSCIなどのメジャーなインデックスであればeMAXIS Slimはじめ国内籍インデックスファンドの方が間違いはないし、簡便に取り扱える。
・日本株・REIT・債券・コモディティに関しては、まだETFにアドバンテージあり。
・iSharesのFoFシリーズの課税・分配金に関わる内部挙動は不明な点が多い。2020年以降の外国税額控除の扱いについても注意が必要か?

ではまた。明日も色んな価値をBuy & Drip...

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 

0 件のコメント :

コメントを投稿