運用状況:2019年の棚卸しです。

皆様いつもお世話になっています、ポンチ熊(@ponchiwork)です。

あとNYSEが少しだけ残っていますが、2019年の成績を締めたいと思います。月に1回、月末締めで運用状況を公開していきます。
2019年12月31日、大納会終了後、ニューヨーク開場前時点の集計です。

グラフ作成にはバリュートラスト様・Portfolio Checker様のツールを使用させていただきました。感謝です。

1.基本ポートフォリオ

1.ポートフォリオ全体

余剰資金は常にポートフォリオに入金しているので、資産変動はあくまで概算です。つみたてNISA・米ドル預金は基本毎日積立です。
ここにあるのは特定口座・つみたてNISAでいつでも売却可能な資産のみです。

非流動性資産であるジュニアNISA・小規模企業共済(iDeCo)については別個に計算しています。
また、低リスク資産である個人年金保険・生命保険、および生活用口座・非常時用資金分の現金は除いて考えることにしています。


★運用資産 合計 : 22,482,002 円

積み立て中のETF・投資信託はこちらです。(1ドル=109.17円で計算)

流動性ポートフォリオ全体としては、新規入金分を除き、年初来で+16.73%でした(ディーツ簡便法による計算)。配当再投資などで現金は出入りするのでどうしても誤差はあります。
今年は新車の購入があり、2015年以来4年ぶりにポートフォリオからの取り出しを行いました。それでも大幅にプラスです。

参考指数であるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンド+14.99%世界経済インデックス+15.00%でした。ちなみにeMAXIS Slim バランス(8資産均等)+16.30%となっています。
参考指数に貼り付きながらジワジワと上回る堅調な運用結果となっています。外債中心のファンドに負けるわけにはいきません。

基本は6:4型のポートフォリオを維持しつつ、待機資金の現金部分も含めてのトータルリターンです。S&P500一本投資などに比べるとどうしてもパフォーマンスは劣りますが、分散を利かせての結果なので十分に満足しています。
と言うか、今年はいくら何でも出来すぎです。年初に大幅な下げ相場が来たため、年初来で見るのと2年くらいを俯瞰してみるのとでは印象が変わりますが、それでもぬるま湯すぎる環境でしたね。

現状では債券の比率が下がりすぎており、1月には少しリバランスをかける予定でいます。
出来る限りはノーセルでいきたいのですが、つみたてNISAへの入金分を適宜売却し、キャッシュに戻していきます。

2.米国株アクティブ部門

個別株の保有銘柄はこちらです。積み立て中のETF・投資信託はこちらです。
米国株については、Portfolio Checker様のサイトで詳細を公開しています。



米国株 計 : $ 38,112.33

地域別ETF 計 : 3,282,287 円 (1ドル=109.17円で計算)

ちなみに米国市場の年初来リターン参考指数である【HDV】は配当再投資ありで+19.88%【VYM】+23.70%【SPYD】はで+20.55%でした。
今年は途中で米国ドル建ての海外ETF投資を始めた関係で、個別株だけのポートフォリオの年初来計算ができなくなっております。。。


こちらはセクター別の投資割合です。ヘルスケア・生活必需品に偏重したポートフォリオです。
保有銘柄全体としては増配基調にあり、今後もディフェンシブ株式中心の運用を続ける方針です。

高配当・連続増配重視であり、概算ですがパフォーマンスは【HDV】に近似しております。
今の銘柄群で配当利回りは3%台中盤をキープしています。トータルの株価が全体でプラスでさえあれば十分でしょう。

2.iDeCo


iDeCo口座 計 : 1,374,570 円 

非課税制度として重要なiDeCoですが、給与振込口座から自動引き落とし、60歳を過ぎるまで引き出せないので基本ポートフォリオからも除外して考えています。
口座内で自由にリバランスできるはずなんですが、タイミングを狙って動かせるわけではないのでファンド1本だけの放置プレイです。

現状では投資先はたわらノーロード先進国株式の一本勝負、完全にほったらかし投資です。
今後、万一たわらノーロード全世界株式がiDeCoに採用されれば、先進国株式から切り替えを検討します。

3.ジュニアNISA


ジュニアNISA口座 計 : 2,711,982 円×2 

非課税制度としてもうひとつ重要なジュニアNISA口座です。こちらは3年間満額拠出しています。2020年の入金分はまだ未振替です。
当初は【1550】MAXIS 海外株式の一本勝負の予定でしたが、国内の個別株も購入する方針に変更。

現在は【2914】日本たばこ産業【6301】小松製作所を保有しています。
2020~2021年のどこかのタイミングで、【5108】ブリヂストンに新規投資予定です。

★運用資産 合計 : 29,280,582 円

今年は一瞬だけ3,000万円にタッチしましたが、新車の購入であえなく陥落。しかし終盤の上げ相場により、マネーフォワードの数字で3,000万円が再度近づいてきました。
リスク運用資産全体では、入金分も含めて+23.02%でした。マネーフォワード上の数字ですが、集計口座を切り替えているので、正確な数字ではありません。

低リスク資産を含めると、トータルでは準富裕層も射程に入ってきました。2021年には到達したいですね。

4.配当・分配金収入

配当・分配金収益 計 : 437,444 円 

上記の金額は現地課税・国内課税の控除後の数字です。ここから外国税額控除でもう少し返ってくる予定です。
昨年比で約15万円程度の増収になっています。配当・分配金のみでつみたてNISAの拠出を賄うという目的が達成できたのは嬉しいですね。

◎一応副収入的なもの。

ポイント集計(主なものだけ。コンバートしているので実際の使用額ベース。)
・エポスポイント 27,000P(年会費相殺後)
・dポイント 39,902P(dカードゴールド年会費相殺後。Pontaはdポイントに合流)
・Tポイント 49,969P
・アマゾンギフト券 33,000円相当
・楽天ポイント 2,922P

これにふるさと納税の還元が入ります。配当・ポイント収入を合計すると、1回の賞与の金額に近づいております。
不労所得だけで月に税引き後5万円以上を達成できました。このくらいになってくると見える世界も変わってきます。自分だけ給料日が13回あるようなものですね。

2020年もやんちゃな投機で資金を溶かすことなく、インデックスと高配当中心で頑張ります。

ではまた。明日も色んな価値をBuy & Drip...

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 

0 件のコメント :

コメントを投稿