NEXT FUNDSの新興国株ETFの乖離率が凄いことになっている。

皆様いつもお世話になっています、ポンチ熊(@ponchiwork)です。

Twitterでナイジェリアやパキスタンの話題が出ていたので、新興国株ETFのデータを見ていたところ、面白い現象を見つけました。
当方は野村アセットのNEXT FUNDSシリーズを利用してロシア株・マレーシア株へ積立投資をしております。



こちらは【1324】ロシア株式指数・RTF連動型 ETFのチャートです。分配落ちを経ても基準価額のトラッキングエラーは問題ありませんが、基準価額と市場価格の乖離が非常に大きくなっています。
年初来でロシア株は40%以上の上昇を見せていますが、先週末の時点での【1324】の年初来リターンは32.08%であり、現状は約11%のディスカウントが効いています。



こちらはiシェアーズの【ERUS】のチャートです。円建て・ドル建ての差はありますが、概ね40%程度の上昇で指数をなぞっています。
これらマーケットメイク対象になっていない新興国ETFは、大幅な乖離が長期間戻らない現象がしばしば観察されます。
以前は日興アセットマネジメントの【1322】中国A株ETFで、30%近いディスカウントがしばらくの期間続いていたことがありました。

2019年11月10日現在、大幅なディスカウントが観察されているのは下記の銘柄です。
データは東証マネ部!からの確認いたしました。

・【1309】中国株式・上証50 ETF
・【1323】南アフリカ連動型上場投資信託
・【1324】ロシア株式指数・RTF連動型 ETF
・【1325】ブラジル株式指数・ボベスパ連動型 ETF
・【1559】タイ株 SET50 ETF
・【1560】マレーシア株KLCI ETF

いずれもNEXT FUNDSシリーズの新興国株式対象のETFです。ファンドの基準価額のトラッキングエラーは決して大きくはありません。
タイ・マレーシアETFは基準価額も乖離が出ていますが、週末をはさんでいることもあり、経過を見ていく必要がありそうです。
少なくとも1年経過では大きなトラッキングエラーは無さそうですが。

急騰のロシア株については11%以上のディスカウントで購入でき、PERも未だに5程度なので狙ってみても面白いかな。
もう少し資金に余裕があればロシア株・マレーシア株は積極的に買い増ししていきたいのですが。。。

ではまた。明日も色んな価値をBuy & Drip...

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 

0 件のコメント :

コメントを投稿