【備忘録】最近流行りのレバレッジ型バランスファンドに関する適当なメモ。

皆様いつもお世話になっています、ポンチ熊(@ponchiwork)です。

最近はバランスファンドにレバレッジをかけて運用するのが流行ってるようですね。
主に債券・ゴールドの部分にレバレッジをかけ、株式やREITはそのまま運用するみたいです。

取りあえず4つのファンドにつき、実際の資産配分が見やすいようにメモ書き。
円グラフ作成にはバリュートラスト様のツールを使用させていただきました。感謝です。

1.グローバル3倍3分法ファンド

基本データ

★レバレッジ:3.0倍
★信託報酬:0.484%(税込)
★信託財産留保額:なし
★決算日:隔月 or 年1回
★運用会社:日興アセットマネジメント
★ファンド純資産総額:3500億円

レバレッジは3.0倍。世界株式部分は日本:先進国:新興国=1:1:1です。
REITはJ-REITと海外REITを半々、債券部分は日・米・独・英・豪を等配分しています。
株式も債券も均等割インデックスになっているのが特徴ですね。

2.ウルトラバランス世界株式

基本データ

★レバレッジ:2.9倍
★信託報酬:0.583%(税込)
★信託財産留保額:なし
★決算日:年2回
★運用会社:アストマックス投信投資顧問
★ファンド純資産総額:5億円

レバレッジは2.9倍。ヘッジ資産として米国債に加え、ユーロ圏を代表してフランス債券、金先物も加えています。
トータルで見ると株式の割合は3割弱ですから、グローバル3倍3分法よりも攻撃性は低そう。

3.ウルトラバランス高利回り債券

基本データ

★レバレッジ:2.9倍
★信託報酬:0.583%(税込)
★信託財産留保額:なし
★決算日:隔月 or 年2回
★運用会社:アストマックス投信投資顧問
★ファンド純資産総額:???円

レバレッジは2.9倍。ヘッジ資産は上記と同じで、リスク選好部分を高利回り債に変更した感じです。
理屈の上では悪くないようにも見えますが、キナ臭い雰囲気がプンプンしますです。。。

4.楽天・米国レバレッジバランス・ファンド

基本データ

★レバレッジ:3.6倍
★信託報酬:0.4945%(税込)
★信託財産留保額:なし
★決算日:年1回
★運用会社:楽天投信投資顧問
★ファンド純資産総額:3.7億円

楽天のは米国市場一本勝負。レバレッジ3.6倍の攻撃性が魅力・・・なんだろうか。
実際は90%の楽天VTIに、10%を証拠金にして米国債指数先物にレバレッジ投資するらしいです。

どのファンドも海外株式についてはETFやマザーファンドを通じて直接投資し、債券部分(グロ3は日本株式も)を指数先物を利用してレバレッジ投資するようです。
これはヘッジ目的の債券部分(及びゴールド)の為替エクスポージャーを下げ、疑似的に為替ヘッジ有りに近い動きをさせるのが目的なんだろうか。

この辺りは正直資料を見ても内部の挙動がよくわかりません。詳しい人がいたら教えてください。

ではまた。明日も色んな価値をBuy & Drip...

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 

0 件のコメント :

コメントを投稿