2024年以降のNISA一本化について。今年のうちにジュニアNISAは開設しておいた方がいいかもしれない。

皆様いつもお世話になっています、ポンチ熊(@ponchiwork)です。

昨日、共同通信より2024年以降のNISA一本化について報道がありました。内容はこちらです。
無印NISAは短期売買に使われないよう避ける新制度をにおわせておりますが、若年世代にとって大事なのジュニアNISAは2023年に予定通り終了するということです。

ジュニアNISAの制度自体、無印NISAが始まった2014年とつみたてNISAが始まった2018年の狭間にできた制度です。
制度設定の移行期間的な措置の中、子ども向けの長期投資として『継続管理勘定』が最強の非課税措置になっています。



・年間80万円×5年間を拠出可能(現行の制度は2023年まで)
・2023年の制度終了時点で20歳未満の場合、継続管理勘定にロールオーバー(移管)され、20歳になるまで非課税で保有可能
・ロールオーバーの金額に上限はなし
・20歳になった時点で成人の一般NISAまたはつみたてNISAに移し替え可能

早い話、2023年までは子ども名義の口座であれば年間80万円を20歳まで非課税運用できるということです。
今年に産まれたお子さんであればフルに20年間運用可能ですし、無印NISAの制度が何らかの形で残っていれば、そのまま成人のNISA口座にロールオーバーもできるわけです。
つみたてNISAと異なり商品選択も自由ですから、18歳までの払い出し制限にさえ目を瞑れば利用しない手は無いくらいに有利な設計になっています。

どうもジュニアNISAは無印NISAからつみたてNISAに移行していく制度設計の狭間で産まれた、将来的に既得権化しそうな仕組みです。
未成年口座でジュニアNISAに差し込んでおけば、大人になった後もそのまま成人NISA口座の資産にまり、非課税のまま元本成長・増配を続ける本当の意味での非課税口座になります。



ジュニアNISAでは子供が成人するまで年間80万×5年間の拠出分を非課税で運用でき、更に成人後にロールオーバーもできるので、つみたてNISAやiDeCoに比べても税制上非常に優遇されていると思います。
成人になるまで引き出せないというのが大きなデメリットとは言われますが、本当に困った時には非課税権利放棄のペナルティを受け入れれば引き出し可能です。柔軟性は大変高いですね。私も非課税枠の中ではジュニアNISAを最優先で買い付けしています。

このジュニアNISAですが、現行の制度では2019~2023年までしか利用できません。
つまり、今年の残り1ヵ月の間に利用しないと、利用できる非課税枠そのものが小さくなってしまいます。



楽天証券のHPより抜粋です。NISAは必要書類を送ってから取引できるまでに1-2週間かかります。今から手続きをすれば2019年内にギリギリ間に合いますね。投資信託は無理かもしれませんが、東証ETFであれば可能です。
個人の投資には非課税枠を優先することが原則であり、非課税枠には期待リターンの高い資産クラスを充てるべきです。特にジュニアNISAは引き出しのペナルティさえ甘受すれば非常にメリットの大きい制度です。

もしお子さんがまだ小さく、特定口座に今後10年くらいは寝かせておく資金があるのであれば、将来の学資に向けてジュニア口座に移しておくのも手ですね。
とにかく制度の隙間に産まれた『継続管理勘定』が、長期投資には最強の非課税措置になっています。

ではまた。明日も色んな価値をBuy & Drip...

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 

0 件のコメント :

コメントを投稿