【悲報】車の買い替えが決定しました。。。

皆様いつもお世話になっています、ポンチ熊(@ponchiwork)です。

今年も無事に入金出来たと思っていましたが、終盤にかけて大問題が発生。
車の買い替えが決定した模様です。合掌。


※ホンダの公式サイトより

当方マニュアル必須民につき、車種はどうしても限られます。今のところはホンダのFITで内定中。
諸費用込みで200万円くらいは見ておく必要がありそうです。。。

取りあえず12月のボーナスと11,12月の積み立て分をキャッシュに回すとして、残りは一部のファンドを売却。
非課税口座への積み立ては予定通り続けることとし、特定口座で調整です。

売却予定ファンド

当方、運用に回していない資金はそれほど多くなく、一括で支払うとなると生活防衛資金を削ることになってしまいます。
支払いのために株や投資信託を売らず、無理やり現金を使うことで結果的にポートフォリオのリスクバランスが崩れるのはおかしい。
ちょうどイキリ相場が続いているため、ファンドの整理を行います。こういう時は躊躇なく売却です。

・【1678】インド株式指数・Nifty 50連動型上場投信
・【1390】UBS ETF MSCIアジア太平洋株
・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
・EXE-i グローバル中小型株式ファンド
・iFree NEXT NASDAQ100

この4本が整理対象です。【1390】以外は分配金を産まないため、将来に向けて『いつかは卒業』しなくてはいけないファンドでした。
特にEXE-i グローバル中小型は最近はやりの『ETFを買うだけ』ファンドで、どうしてもベンチマークとの乖離が大きくなってしまいます。
小型株効果によるアドバンテージを乖離で相殺しているのではないかという不都合な真実があり、特定口座部分をリストラ対象にする予定です。

インド株はこの機会に利益確定。次に再開するときはウィズダムツリーの【EPI】を使用する予定です。
残していたセゾン投信も一旦リストラし、ポートフォリオの整理に充てることにします。

個別株は半ば配当を産む生産装置のようなものであり、比率も許容範囲なので売却は無し。
その代わり、新規のドル積み立ては最低限度とし、当面は新規購入を見送ります。

今後もライフイベントに伴う大型の出費というのは続くわけであり、老後の取り崩しでない、ポートフォリオからの取り出しも考えていかなくてはいけないテーマですね。
そう思うとやはり売買手数料のかからないノーロードのインデックスファンドか東証ETFが有利なのか。

当方のように所持金をトータルで合算してフルインベストメント体制を敷いている場合、こういった大型出費への対応もポートフォリオのストレステストとして重要。
ファンドを売らないことに固執してリスクテイクが大きくなりすぎないように注意していきます。

どうでもいいけど、昔は車の買い替えってワクワクする一大イベントだった気がします。
それが今や出来れば避けて通りたい出費としてカウントされるとは。景気が良くならないわけだ。。。

ではまた。明日も色んな価値をBuy & Drip...

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 

0 件のコメント :

コメントを投稿