GPIFが為替ヘッジ付き先進国債券を国内債券扱いに変更するそうです。

皆様いつもお世話になっています、ポンチ熊(@ponchiwork)です。

既にニュースにはなっていますが、GPIFより、ポートフォリオの資産構成割合で為替ヘッジ付き先進国債券を国内債券として扱う方向に変更するとアナウンスがありました。
国内債券の利回りがマイナス圏に張り付いており、代替案として浮上したのでしょう。やむなしと言ったとところですね。

公式アナウンスはこちらです。

個人でベルでも、国内債券の代替として為替ヘッジ付き先進国債券を国内債券の代替に一部組み込む戦術は使えそうではあります。
当方のポートフォリオでも、ごく少数ではありますが、実験的に採用してみています。



こちらが現在の基本ポートフォリオですが、国内債券の一部を代替する形で【2512】外国債券(為替ヘッジあり)ETFを試験的に導入しています。
現在、ポートフォリオ外の円預金を含め、現金+国内債券で1,000万円以上は確保できており、新規購入の債券部分を割り当てる形で少しずつ購入してみています。

基本データ

★ベンチマーク:FTSE 世界国債インデックス(除く日本、円ヘッジ・円ベース)
★信託報酬:0.132%(税込み)
★決算日:年2回(3月7日、9月7日)
★運用会社:野村アセットマネジメント
★マーケットメイク:あり
★ファンド籍:日本
★ファンド純資産総額:約30億円

その名前が示している通り、先進国各国の国債に幅広く分散投資するETFです。基本の為替ヘッジなしが【2511】で、円ヘッジ版が【2512】です。
どちらも中身は野村アセットマネジメントの巨大マザーファンドで、ファミリーファンド方式で投資するETFです。



設定は2017年12月で、約2年弱の運用期間を経ています。ついこの前まで純資産は数億円だったのが、今年の6月に入って一気に伸びています。
DCやつみたてNISA経由で定期的に流入するようなファンドではないので、誰が能動的に買っているんだろうか。

過去1年間の標準偏差は4.00で、分配金利回りは1.11%す。過去の為替ヘッジ外債の実績を見ても、概ね標準偏差は3%強程度で推移しているようです。
国内債券指数であるNOMURA-BPIの標準偏差が2%程度であり、金利がゼロに張り付いている国内債券の補完になる可能性は十分にあります。
また、先進国株式指数との相関係数は-0.3強であり、メインとなる株式投資の下支えにも使えそうです。

大きな利回りは期待できず、そもそも外債に過信は禁物です。カントリーリスクを忘れてはいけません。
しかし、円建て債券部分はどうしてもポートフォリオ内での割り当てが大きくなるため、為替ヘッジ外債を用いて底上げを狙ってみても面白いと思います。

国内ETF派とし応援していきたい気持ちもあります。ファンドの未来はユーザーが育てるものだと思っています。

ではまた。明日も色んな価値をBuy & Drip...

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 

0 件のコメント :

コメントを投稿