iDeCoはさっさと始めた方がいいのか?

皆様いつもお世話になっています、ポンチ熊(@ponchiwork)です。

当方のような泡沫アカウントに質問箱を通じて御質問をいただきました。



当方は楽天証券のiDeCo口座を利用し、たわらノーロード先進国株式の積み立てを行っています。
結論から言うと、使い勝手と優先度としてはNISA(つみたて・無印・ジュニア)が先になります。

自分の投資方針としてはiDeCoの優先度が高いのですが、それは自分がある程度ライフプランが固まっていること、非課税口座を埋め切る分のキャッシュフローが(今のところ)あるからで、毎月の少額投資であればつみたてNISA優先で構わないと思います。

iDeCoは基本的に『年金』です

投資の窓口として紹介されることの多いiDeCoですが、『個人型確定拠出年金』つまりは社会保障制度の一部なのです。NISAは金融庁の管轄ですが、iDeCoは厚生労働省の管轄ですね。
基本的に制度の趣旨としては年金の上乗せです。現状の国民年金・厚生年金は賦課方式(現役世代から高齢世代への仕送りです)ですが、そこに自助努力での積み立てを上乗せする仕組みですね。

iDeCoの基本は将来の自分に向けての仕送りです。今使う分を我慢して引退後に繰り越す分に、減税などのインセンティブを与えようというのが根本にあると思います。
個人投資家の減税措置であるNISA・つみたてNISAとは制度の趣旨が異なるわけですね。

一般的なデメリット

iDeCoは『年金』で社会保険の一部ですから、個人の金融資産口座とは異なる制約があります。
自分の意思でいつでも売却できるつみたてNISAとは異なりますね。

・60歳になるまで解約できない
・非課税措置ではなく、課税の繰り延べである(拠出時に減税され、引き出し時に課税される)
・拠出を止めても維持コストがかかる
・特別法人税が廃止されていない

このあたりが一般的なデメリットとして挙げられますね。要は入れたら入れっぱなしで60歳まで出せない、出すときの税制なんかもこれから変わるかもしれませんよ、ってことです。
なので、取りあえず開いておこう、というのはあまりお勧めしません。つみたてNISAやジュニアNISAであれば開いておいて使いたい時に使う、ということもできるのですが、iDeCoはあくまで自分で任意加入する社会保険なのです。

社会保険であるため、所得の圧縮ができる

iDeCoの一番のメリットは課税所得の圧縮にあります。つみたてNISAは利益に対する課税の免除ですが、iDeCoは拠出分が所得控除の対象となり、所得税・住民税が減るわけです。


確定申告のこの部分ですね。生命保険料などの控除と同じ欄に用意されています。

iDeCoがつみたてNISAなどに勝るメリットはこの『所得の圧縮』にあります。
代表的なところでは児童手当が挙げられますね。所得制限に引っかかって受けられない公的扶助を受けられるよう、額面上の所得を圧縮することが出来ます。

他にも障がいを持つお子さんの養育に対して支給される特別児童扶養手当など、所得制限での足切りを回避することができます。
逆に住宅ローン減税で所得税がかかっていなかったり、専業主婦で現在所得が無い場合などはメリットは相対的に小さくなります。

この課税周りのメリットを享受できそうであればiDeCo優先でいいと思います。
逆にまだライフプランが固まっていない、そもそもあまり所得が大きくなくてメリットが乏しい場合はつみたてNISA優先でいいと思います。

なので、取りあえず開いておく、というのはあまりお勧めしません。
こういうのでも回答にはなっているでしょうか?

ではまた。明日も色んな価値をBuy & Drip...

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 

0 件のコメント :

コメントを投稿