iFreeNEXT NASDAQ100インデックスを買い増ししたよ!!

皆様いつもお世話になっています、ポンチ熊(@ponchiwork)です。

日々の積み立てや細かい配当再投資は別として、個別株や地域別インデックスの売買記録も差し障りのない範囲で晒していきます。
トランプ大統領のツイートで市場が翻弄されていますね。今度お宅に電話するかもしれないってだけで企業の価値は変わるものなんだろうか。



円/ドルの中期チャートです。年始のフラッシュクラッシュを思い出す為替の動きですね。
個人的には円高は毎月の給与の購買力が上がり、ガソリンはじめ日常の物価も下がって生活が楽になるので大歓迎です。



こちらは円建てNASDAQ100連動ETFの【1545】の2年チャートです。52週平均線を大きく割り込み、104週のサポートラインにタッチしています。
【EMR】や【GPC】などの資本財配当王銘柄が配当利回り3%台半ばの水準まで下りてきており、個別銘柄の買い付けと迷いましたが、ポートフォリオが個別株偏重にならないよう、プチリバランスも兼ねて新規投資は地域別指数にしました。
ユーロ安に加えてバリュエーションも割安だと思っているユーロ圏株(ユーロ・ストックス50)と投資先を迷いましたが、今回はNASDAQを選択。

iFreeNEXT NASDAQ100インデックス

基本データ

★ベンチマーク:NASDAQ100指数
★信託報酬:0.486%(税込)
★信託財産留保額:なし
★つみたてNISA:非対応
★iDeCo対応金融機関:なし
★決算日:年1回(8月30日)
★運用会社:大和投信
★ファンド純資産総額:約9億円


国内ファンドもETFを使うことが多いのですが、NASDAQ100はiFreeブランドからインデックスファンドが発売されており、廉価なこちらを利用しています。
ダウ30といい、新興国債券といい、iFreeシリーズはeMAXIS Slimブランドとは違った面白いファンドを出してくれていますね。

ちなみに楽天VTIと同じく、中身はほとんどがパワーシェアーズのQQQになります。
SBI証券では投信マイレージ0.2%対象ファンドであり、信託報酬の一部をポイントで回収することも可能です。

自分は新興グロース株の銘柄を読むのが苦手(と言うか殆どできない)ので、米国新興市場についてはインデックスファンドで丸っと投資しています。
AmazonやMicrosoftなどの超有力企業に分散投資でき、更に自動的にリバランスもしてくれるのがありがたいですね。
ポートフォリオ内部で回転売買することによる手数料負けすることも防いでくれます。

ちなみに昨週末の発注分ですが、約定の基準価額は本日分になります。
でもこうやって買い付けしている間にJNJが訴訟問題で配当利回り3%ラインまで降りてきているバッドタイミング。

今日の売買記録

iFreeNEXT NASDAQ100インデックス ¥100,000

基本スタンスは一緒です。個別銘柄は常時逆張りバリュー狙い、地域別指数は為替と市場動向を見ながらスポットで入れていきます。
今後のフロンティア株の割合はどうしていくか、ユーロ株やインド株に差し込むか、迷いは続きます。

ではまた。明日も色んな価値をBuy & Drip...

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
 

0 件のコメント :

コメントを投稿