ポートフォリオ再構築(案)多分これでほぼ確定。

皆様いつもお疲れ様です、ポンチ熊(@ponchiguma1557)です。

7月22日からはSBI証券でも米国株取引にかかる最低手数料が無料になりました。ここ最近はずっと海外ETFへの参入も含めてポートフォリオ再構築中です。
これまでは手数料負けを気にしていた少額分散投資も気兼ねなく行えます。新しいゲームが発売される直前みたいな楽しみですね。

ポートフォリオはシンプルが一番、ゴチャゴチャすると管理しにくいと言う意見もありますが、個人的にはExcelの行数が数行増えるだけなので気になりません。
新しいポートフォリオはこんな感じでほぼ確定。所詮ペーパーアセットなんで、7月22日を越えたら一気にやってしまうと思います。



これまでサテライトとして分けて管理していましたが、全体を俯瞰して一つのポートフォリオとして管理します。
非流動性資産であるジュニアNISA・iDeCo・個人年金・生命保険、および生活用口座・非常時用資金分の現金は除いて計算です。
インデックス投資枠が85%で個別株投資が15%です。まあこんなもんかなと。

鉄板の【VT】を始め、【VOO】【VWO】【BND】などのメジャーどころのETFには投資しない予定です。
メジャーな指数であれば国内籍のETFやインデックスファンドで十分です。VTよりもeMAXIS Slim オール・カントリーがいいでしょう。

新ポートフォリオには【FM】iシェアーズMSCIフロンティア100ETFを投入します。また、ハイイールド債にも再チャレンジ予定です。
せっかく米国市場を使うのですから、国内市場で買いにくいファンドを買おうと思います。

あまり分散させても意味が無いという考え方もありますが、現状iDeCoなどの非流動性資産以外で運用に回している資金だけでも2000万円を超えてきており、1%を割くだけでもそこそこのインパクトはあります。
60枚のデッキの中で2枚が変わると大分デッキの挙動は変わります。分散をなめてはいけません。昨年2018年はJ-REITのありがたみを感じているはずです。

新規購入予定(今のところ)ファンド

・【FM】iシェアーズMSCIフロンティア100ETF
・【TUR】iシェアーズMSCIトルコETF
・【SJNK】SPDR ブルームバーグ・バークレイズ・短期ハイイールド債券ETF
・【PFF】iシェアーズ 優先株式&インカム証券ETF

先日ブログを書いた際にはトルコ株のことをすっかり忘れていました。インド株はさすがにPER/PBRが高いので見送り。そのうち購入します。
ジャンク債は【SJNK】がSBI証券でも取り扱いがあるのに気付いたので、本家【JNK】ではなくこちらを採用予定です。

一応のコンセプトはいわゆる6:4ポートフォリオです。円建てでのオールウェザー戦略を目指し、外債メインではなく金ETFを採用しています。
円債券は1/3くらいは確保しておいた方がトータルのドローダウンを抑えられます。ちなみに金は5%だと少なく、10%だと多いと思われます。
結局、これまでのポートフォリオと攻撃的資産と守備的資産の配分割合は一緒です。

株式クラス

・全世界株式:eMAXIS Slim オール・カントリー 80%
・中小型株式:EXE-i グローバル中小型株式ファンド
新興国株式:eMAXIS Slim 新興国株式 or 【2520】NEXT FUNDS 新興国株式

基本は全世界株式を対象としたインデックス投資には変わりありません。
つみたてNISA枠でも採用しているeMAXIS Slim オールカントリーが中心ですが、2割を目安にEXE-i グローバル中小型株式も継続して積み立てます。
中小型株式まで米国ETFを使う必要は無く、国内の低コストファンドで十分です。

地域別ETFが15%だと多いように感じますが、実態はS&P500EURO STOXX 50で半分くらいになっています。
今後はロシア株・マレーシア株など、中韓台以外の新興国株式を増やしていく方向になっています。インド株は時機を見て再参入予定です。
尚、日本株ETFも(もし残せば)この部分に入ります。日本株だけを別建て扱いすることにも合理性を欠くので、全体の株式ETFの中に入れてしまいます。

オルタナティブ

・【1566】上場インデックスファンド新興国債券
・【1476】iシェアーズ・コア JリートETF
・【2515】NEXT FUNDS 外国REIT ETF
・【SJNK】SPDR ブルームバーグ・バークレイズ・短期ハイイールド債券ETF
・【PFF】iシェアーズ 優先株式&インカム証券ETF

全体の10%をオルタナティブ資産に充当します。割合としては多いかもしれませんが、新興国債券・内外REITを中心にハイイールド債・優先株式を加えたらこんなもんかなと。これまで個別銘柄扱いだったJ-REITはコア資産に昇格です。
少しずつ給与からの入金では補填できない金額になってきているため、インカムゲインの積み重ねも大事だと思います。株式だけでないアセットへの分散にもなります。

このポートフォリオで、想定リスクは15%強、3σほど動くと仮定して、トータルで50%程度までのドローダウンは想定しています。
現在ゼロ付近に張り付きの日本国債長期金利が一気に上昇するような事態になるとどうなるかというところですが。。。

最後の悩みどころは【FM】iシェアーズMSCIフロンティア100ETFを一般の株式クラスに入れるか、オルタナティブクラスに入れるか。
債券・金比率さえ変えなければ大勢への影響は少ないと思われるので、もう少しだけ悩んでみようと思います。

Excel作り直すの面倒くさいな。。。

ではまた。Countdown to FIRE ☆彡

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ 国際分散投資へ にほんブログ村 株ブログ 国内ETF/ETNへ  

0 件のコメント :

コメントを投稿