【1391】UBS ETF スイス株~ネスレ・ロシュ・ノバルティスに投資できるJDR形式ETF

皆様いつもお疲れ様です、ポンチ熊(@ponchiguma1557)です。

毎日書くことも特にないので、自分の保有しているファンドの紹介をしていきます。
いつもクソミソに言われる国内ETFたちですが、私は【1391】UBS ETF スイス株を買ってます。
現状サクソバンク証券もIB証券も持っていないので、スイス株に投資するにはこの人を使うよりありません。

【1391】UBS ETF スイス株

※画像は公式サイトより

基本データ

★ベンチマーク:MSCIスイス 20/35インデックス
★信託報酬:0.20%
★決算日:年1回(12月31日)
★運用会社:UBS
★マーケットメイク:なし
★ファンド籍:ルクセンブルク
★ファンド純資産総額:約800億円

運用会社はスイスのUBS社ですが、ファンド籍はルクセンブルクになっており、でJDR形式で東証で売買できます。
ルクセンブルクはタックスヘイブンとして有名ですね。ファンド籍がルクセンブルクであることにより、外国市場に上場しても課税対象にならないスキームになっています。

スイス ⇒(現地課税35%)⇒ ルクセンブルク ⇒(非課税)⇒ 日本

あくまで回避できるのはルクセンブルクでの課税分であり、スイス本国での課税はなされます。
スイス株は現地課税で35%も引かれてしまうので注意が必要です。

人気の米国ETFと異なり、確定申告で現地課税分の35%を回収する手段はありません
同じUBS社のJDRでも、現地課税分が非課税の英国ETFと異なり、大きなディスアドバンテージです。


JDRとして東証上場から3年少々経っています。ここ2年のパフォーマンスはTOPIXとどっこいどっこい。
インデックスの配当利回り3.06%に対し、現地課税と信託報酬でETFの分配金利回りは1.50%となっています。残念。

MSCIスイス 20/35インデックス&P/JPX配当貴族指数

1.スイス株式を対象とし、浮動株調整後時価総額加重平均型指数
2.指数構成最大銘柄の比率の上限を35%に設定
3.その他の構成銘柄の組み入れ比率上限を20%に設定


直近の運用報告書からの抜粋です。分散も何もありません。ネスレとロシュとノバルティスで全体の半分以上を占めています。
ちなみに、5位には当ファンドの運用会社であるUBS社がランクインしていますね。

ちなみに、構成銘柄の下にハッキリと『最低5年以上の投資期間』『対応するリスク許容度および資金力』と書いてあるのがナイス。
ちゃんとバイ&ホールドしてね、って公式にアナウンスされているようなものですね。


こちらも直近の運用報告書からの抜粋です。国内での取引は少ないものの、スイス市場を介して欧州各国で売買されています。
ベンチマークへのトラッキングには問題の無い水準です。ただ、ファンド本体の資産規模はともかく、国内上場を維持できるのか。


今年2019年3~4月の出来高データ、JPXの公式サイトからの抜粋です。板の薄さに泣きそうです。。。
UBSのJDRシリーズは面白い商品だと思うのですが、ニッチすぎて買う人も限られているのか。それでも信用残があったりして面白い。
元のファンドに問題が無くても、かつてのブラックロック社のJDRのように上場廃止になってしまわないか不安はありますね。

でもスイス株って面白いと思うんですよ。世界最強企業のひとつであるネスレを擁し、特殊通貨のスイスフランを発行する。
インデックス投資家なら最適化市場ポートフォリオに合わせて淡々と積み立てろとは言われますが、単一市場をスポットで買っていくのも面白いものです。

ではまた。Countdown to FIRE ☆彡

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ 国際分散投資へ にほんブログ村 株ブログ 国内ETF/ETNへ  

0 件のコメント :

コメントを投稿