【2529】NEXT FUNDS 野村株主還元70連動型上場投信~配当+自社株買いトータルの株主還元にフォーカスしたETF

皆様いつもお疲れ様です、ポンチ熊(@ponchiguma1557)です。

昨日、野村アセットマネジメントの【2529】NEXT FUNDS 野村株主還元70連動型上場投信が新規上場し、初日の取引を終えました。国内上場企業のうち、配当+自社株買いトータルの株主還元にフォーカスしたETFです。

【2529】NEXT FUNDS 野村株主還元70連動型上場投信



基本データ

★ベンチマーク:野村株主還元70
★信託報酬:0.28%(税別)
★決算日:年4回(1月7日、4月7日、7月7日、10月7日)
★運用会社:野村アセットマネジメント
★マーケットメイク:あり
★ファンド籍:日本
★ファンド純資産総額:約5億円

流行りの高配当ETFの流れですが、このETFは配当利回りだけでなく、自社株買いも合わせた積極的な株主還元を行っている企業70社から組成されています。指数の組み方も均等割りのメリット+中小株の掬い上げメリットの両方を享受できる所がポイントです。

野村株主還元70(ベンチマーク指数)

1.日本株式を対象とし、金融・保険銘柄を除外
⇒TOPIX Ex-financials指数に近い考え方で、金融関連銘柄を除くことにより、実体経済により近い日本市場へ投資する参考となる。
2.浮動株調整後の時価総額上位85%かつ、過去3ヵ月の平均売買代金上位500銘柄から選出
⇒個別銘柄の流動性を担保
3.総還元利回り=(配当+自社株買いー増資)/時価総額 上位70銘柄を抽出
4.浮動株調整後の時価総額加重指数だが、各銘柄ごとの上限は2%に設定
⇒値嵩株を作らず、上位構成銘柄は均等割りインデックスで構成。中小型株も時価総額比に応じて組み入れる。
5.年1回リバランス


公式ページより抜粋です。確かに魅力的な銘柄が並んでいますが、いかんせん景気敏感株の割合が高すぎです。金融関係銘柄を除いてもこういう構成になってしまいます。この辺が日本市場への投資の難しさを物語っています。


公式ページより抜粋です。10年チャートはTOPIXを大幅に上回っていますが、新規設定のスマートベータなんで当たり前ですね。過去データが良くなるように指数を組むからです。今後のパフォーマンスは時間を置かないと分かりません。


初日の売買データ、JPXの公式サイトからの抜粋です。1口1,000円程度から投資できるのは魅力的ですね。東証の一般の株式も1株単位で売買できるようになってほしいものです。

国内市場の高配当系ETFはかなり種類が出揃ってきていますね。個人的にはたんなる高配当だけでなく、連続増配系の配当貴族インデックスが好みです。いずれにせよ、選択肢が広がることは良いことですね。もっと国内ETFがメジャーになればいいんですが、まだまだニッチな領域のようです。

ではまた。Countdown to FIRE ☆彡

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ 国際分散投資へ にほんブログ村 株ブログ 国内ETF/ETNへ  

0 件のコメント :

コメントを投稿